乳児 湿疹 原因

乳児湿疹とは?

 

乳児湿疹とは、赤ちゃんの体や顔にできるすべての湿疹のことを指します。
炎症位にょってジュクジュクした状態のものやカサカサの赤くなたものなど、そのすべてが乳児湿疹です。

 

その殆どは、子供の成長に伴い、症状が改善されていくものなので、病院で診てもらっても経過観察になることが非常に多いですが、親としては心配になるものですよね。

 

オムツかぶれやアトピー性皮膚炎、乳児脂漏性湿疹、食物アレルギー、あせもなどによる湿疹が、乳児湿疹には見られます。

 

乳児に見られる様々な湿疹を、素人が症状岳を見て判断することは難しいので、少し様子を見て、改善が見られなかったり悪化するという場合は、お医者さんに診てもらったほうが確実です。

 

赤ちゃんの肌は、大人と比べると皮膚が薄く、バリア機能が弱いため、様々な肌のトラブルが起こりやすい状態です。

 

皮脂の分泌の盛んな新生児期の赤ちゃんのの肌荒れは、皮脂が多いことが原因となっている可能性が高いです。
過剰に分泌された皮脂は肌の表面に溜まったり毛穴に詰まったりしてしまうため乳児湿疹の原因となるのです。

 

多くの場合、原因は皮脂や汗の分泌ですが、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎が原因となるケースもあります。

 

 

原因は?

 

乳児湿疹は赤ちゃんにはほぼ必ずできるものと言われています。
そしてそれは防ぎようのないものであります。

 

赤ちゃんのお肌はとても繊細です。
そのため外部からの刺激や汚れに慣れていませんし、弱いです。

 

無意識に掻いてしまうこともよくありますし、炎症が起きたら最後、なかなか治らないところも悩ましいものです。

 

さらに子供は体温が高いため汗がかきやすく、加えて汗腺が未発達なので、汗が溜まりやすく、その汗が痒みの慢性化の原因となります。

 

アトピー性皮膚炎の原因となる物質を広島大の研究グループ(広島大学病院皮膚科)が解明しました。

 

人の肌には「マラセチア菌」というカビが常在しています。
「タンパク質」はこのマラセチア菌と汗が混ざると分泌され、それが痒みや赤みの原因であることが特定されています。

 

汗がアレルギー反応を引き起こすことはそれ以前も知られていましたが、具体的な物質まではわかっていませんでした。

 

このことから、「タンパク質分解成分」の「酵素」が重要だということがわかってきています。

 

原因物質が解明されたので、もっと効果的なスキンケア方法や治療法が期待されています。

 

薬を使って炎症をどんなに抑えてみたところで、原因を取り除かない限り繰り返し症状は現れてきてしまいます。
酵素が配合された製品によってタンパク質を除去することで、お肌を健やかに保っていきましょう。